和式トイレから洋式トイレへ、バリアフリーリフォームで安心して暮らせる家に。

IMG_1490
和式トイレから洋式トイレに変更しました。お悩みだった段差の解消とタンクレストイレにしたことで、トイレ空間が広く手洗器は手前に設置できました。肘をついて体を支えられる耐荷重のあるカウンターと手摺を設置しましたので、移動も安心です。
【トイレ:TOTO ネオレストAH1型、洗面:TOTO Vシリーズ】
施工事例 002 (2)

高齢で足が不自由なT様のお母様のために、玄関アプローチから2階まで手摺を取り付けることにしました。また不便であった和式トイレを洋式に変更と洗面化粧台の交換をご希望でした。

お客様名 T様
住所 高松市
工事内容 トイレ、洗面、手摺 改修工事
リフォーム期間 1週間
価格 81万円(税別)

施工後

IMG_0723
右奥の排水に向かってボウル底面に傾斜が付いているのですべり台のように泡や汚れが流れていきます。
給水は、既存洗面の水・お湯と蛇口をひねるタイプからレバーハンドルへと変更。
これからは、ちょうどいい温度がハンドルひとつで可能になりますね♪
【洗面化粧台:TOTO Vシリーズ サイズ:750㎜】
IMG_07101-300x225
握りやすさを追求した優しいアールデザインの手摺です。
【三協アルミ「エトランポU2型」】
IMG_1478
波形になっていて上がり下がりをサポートします。
【介護商品:玄関あがり框手摺】
IMG_1484
階段やドアの色にマッチした木調タイプの手摺
【三協アルミ「室内手摺」】
IMG_1482
壁にも手摺を設置して、移動の不安を軽減します。
【三協アルミ「室内手摺」】

施工前

IMG_0716
洗面ボウルの中がひび割れているのでこの機会に取替したいとの事でした。
リフォーム後の洗面は、レバーハンドルでお掃除しやすいものを設置し、快適にお使い頂きたいと思います。
施工事例 001
玄関までのアプローチ。転ばない様、手摺を付けるとより安心です。
IMG_0725
現在左側だけに手すりがありますが、やはり右側にもあった方が安心します。

工事工程

IMG_0743
洋式トイレ設置前にトイレ内部の壁、床タイル貼り工事中です。
タイル貼りが済めばいよいよトイレ設置となります。
以前和式トイレの高い床はコンクリートでがっちり固められていたので、平らにするのにかなり苦労しました。
IMG_0748
トイレの床タイル目地作業。
トイレ床は、水洗して流せるように、、というご希望でしたので
既存壁タイルの色に合った少し小さめのタイルを貼りました。
IMG_0754
和式トイレから洋式トイレへ設置工事中

お客様の声

トイレ手洗いボールは、水の飛び散りが気になっていたので角型でなく丸型にしてよかったです。
手洗い背後にも水が直接壁につかない様、壁にパネルを付けてもらいました。
トイレの掃除もこれまで通り床は水洗いができ、一気に洗い流せました。
手摺も介護申請を活用したため、費用を抑えることができて満足です。

担当者より

P1020446 - コピーリフォーム全般担当
藤島 和久担当者のプロフィールを見る

ホームページのトイレの施工事例の種類が多いのを見て、ご来店下さいました。
「和室トイレに高い段差があり、トイレの度に辛い思いをしている」とお聞きし
立ち座りをサポートする手すりもご提案したい!と考えておりました。
また手すりに合わせ、手をついたり、肘をついて体を支えられる耐荷重のあるカウンターは、立ち座りのサポートとして使用できるため、合わせてご提案させて頂きました。
洗面は、こまめにお掃除をされているT様にぴったりのシンプルなタイプで
既存と同じサイズなのにボールが以前より大きく、排水も中央から右上に。
一方向に流れ易いすべり台ボウルでお掃除が楽になると思います。
ご家族皆さまが快適に生活できる様になっておりましたら幸いでございます。

担当:藤島