メインビジュアル

スタッフブログ

パリ2017

DATE 2018年2月3日(土)

10月末に休暇を利用して、

「フランス革命のゆかりの場を訪ねて」と題し、

パリへ行ってきました。

 

先ずは腹ごしらえから。

 

食の都でもあり、

おしゃれに敏感なパリジェンヌやマダムが

行きつけにしているお店も気になるところです。

 

料理が出てくるまでの間に

ついつい他の方のファッションや持ち物、

お店の内装に興味を持って見てしまいます。

IMG_0367

吊り下げのテーブルライトと梁見せた内装。

椅子や入口の赤を差し色に、温かな雰囲気でした。

CIMG0752

■パリのマレ地区のイタリアン「レノテカ」

夜になると様々なお店の外灯が照らされ、

パリの街が、恋する街へと変わります~(*^_^*)

P1000517

前にお邪魔したことがあるお店でした。

2011年の訪問時と比べると、

柱がデコレイトされ、

煌びやかになっています。

 

 

IMG_0393

■ポワラーヌ  キュイジーヌ・ドゥ・バール

木目調で統一されたキッチンです。

 

コーヒーにこだわりのある方は、

本格的なマシンに目がないのではないでしょうか?

対面キッチンの場合は、その背景も気になりますよね。

 

手前の男性は、

サラダの盛り付けやドリンクを出したり

導線がスムーズで使い勝手よさそうでした。

IMG_0394

 

IMG_0391

 

パリの人を見ていると、

ナチュラルで頑張らない

お洒落の天才だなーと毎回思います。

生まれながらのセンスというのでしょうか。。

 

パン屋さんもブティックの様な外観です。

IMG_0387

■フィリップ・ゴスラン

バケットがとてもおいしいです。

私の中では今年もフィリップが一番です♪

 

IMG_0376

■パティスリー・シリルリニャック

タブレット(板チョコ)とパンオショコラがお勧めです。

こんなセンスのいいお包みに入れてくれます~

 

どのお店もそうですが、お包みを見ると

そのお店のコンセプトみたいなのが

わかる気がします。

IMG_0384

IMG_0386

 

 

P1010715

■デュパン・エ・デシデ

こちらは前回お邪魔した際の外観。

キャンディーやショコラが入っていと思われる缶を

センス良くディスプレイされています。

 

パン以外にも

定期的にディスプレイを変え、

暮らしを楽しんでいる様子が伺えます。

 

 

朝食のパンは、チュイルリー公園で頂きました。

こんな可愛い彫刻が展示されていました。

 

 

IMG_0378

IMG_0381

 

池には、鴨?が寒さに耐え寄り添うように

噴水に向いて整列していました。

ゆっくりとした時間が流れています。

 

パリのお店の内装から

革命ゆかりの場を訪ねてまで

たどり着けず脱線してしまいましたが、

パリには素敵なお店があるので

またの機会に改めて紹介させて頂きます♡

 

髙松店吉田

 

 

 

カテゴリー: